スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
音楽携帯
音楽携帯は「Ipodキラー」にはならない

なるほど。確かにその通りだと思う。PDAが携帯に取り込まれて完全にPDA市場が消え去ろうとしているけども、音楽に関しては著作権の問題や、ソフトの互換性、またはそのデータをどのように扱っていくか(保存・破損・移行)、様々な問題を抱えていると思う。確かに今出ている携帯で音楽がきけるやつはAUのW31Sとかdocomoの901とかでも聞けるけど、それぞれそのメーカーのソフトを利用して外部メモリ(MiniSDなど)にいれてやる必要がある。そのメモリの容量もそんなに大したこと無くて(確か最大128MB)、着うたフルが大体1.5Mぐらいの容量だから単純計算して85曲しか入らない。それも外部メモリに曲データだけ入れた場合だけだ。

全体的に比較してみると・・・

(歛戸椴
電池の持ち
2纂
ぅ機璽咼
ザ平
使いやすさ
料金

などの面でIpodは上を行っていると思う。音楽携帯の音楽とはあくまで付属的なものにすぎないから、決してIpodのようなもののかわりにはならないと思う。音楽はむしろShuffleのようなUSBメモリ型のものにシフトしていくと思う。このタイプの利点はとにかく便利なこと。保存容量も多いし、電池の持ちも充電方法も非常にやりやすく、データ転送も充電と同時にこなすことができる。いまの携帯電話の電池の持ちでは楽しむことは難しいし、音楽はよりファッショナブルに「着こなす」というのが、当たり前になってきているんじゃないかな?この記事の中でも触れられているけど、やっぱり携帯電話であること自体がすでに限界を迎えていると思う。上でもあげたけど、電池の持ちや保存容量はもちろん料金体系に関してもキャリアが儲からないことには結局は始まらないからだ。その中でサービスプロバイダは1曲1ドルとかに対抗できるとは・・・正直思えない。特に日本はこういった関係のお金というのは結構太い金額をとられるという話なので、恐らく実現は厳しそうだ

しかしキャリアも現段階で着うたフルをやっているAUなどは囲い込むための一つの方法として、例えばFMラジオを聴いていて、その中で流れている曲がいいなぁ!って思ったら、その場でその曲の情報サイトにアクセスして着うたをダウンロードすることができるように仕組みを作ったりもしている。ビジネスモデル的には非常に面白いやり方だと思う。ただし、FMラジオをどれだけの人が聞いて、どれだけの人がその機能を使いこなせるだろうか?そこが一番重要。ボクはAU持っていないので、よくしらないんだけど、そういった新しいサービスとかが発表されても使いこなせない人のが多いし、FMがきけるようになったことはしってても、そういう着うたをDLできるんだよ、ってことを知らない人のが大多数だと思う。このビジネスモデル自体はいろんな方法で応用できると思うから、そういった点を考慮にいれながらやれば総合的なサービス・機能でいえば携帯電話なので、音楽携帯が支持される可能性もある。特に日本はPCを使うよりは携帯電話を使う人の率が結構高いので。

最後にIcellPhoneなんだけど、これは非常に面白い!これはやってみれば多分大きな反響を受けるだろうし、実際相当売れるはず。アップルの高付加価値のものを使いやすく!というものづくりの理念があるならば相当いいものが出来るだろうから、これは多いに期待したいところだ。

多分色々間違いあると思うので指摘してください・・。
| codomo | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:38 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode